SoftBankのギガモンスターとUQ WiMAX、どちらがお得?

SoftBankユーザーにとって、ギガモンスターと言う料金プランは非常に魅力的です。
ただ、ギガモンスターは20GB30GBも通信を行う事が出来る代わりに、月額料金はびっくりするほど高額になってしまいます。



SoftBankのデータ定額サービス
テータ定額サービス 定額料
データ定額ミニ 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 3,500円
データ定額 5GB 5,000円
ギガモンスター データ定額 20GB 6,000円
ギガモンスター データ定額 30GB 8,000円


上記データ定額料に、通話定額基本料ウェブ使用料が加算されます。
ですから、ギガモンスターへの憧れはあっても、実際にそれを利用するのは通信費の負担が大きくなってしまいます



ギガモンスターの月額料金は高額



そこで気になって来るのが、わずか4,380円の月額料金で月間データ量の上限がないUQ WiMAXです。
UQ WiMAXはau系列のモバイルインターネットサービスではありますが、SoftBankユーザーであってもお得感はあるのでしょうか?



その答えですが、問題なく利用出来ます
UQ WiMAXサービスには月間データ量上限のないUQ Flatツープラス ギガ放題プランがあります。
それを利用する事によって、SoftBankで契約中のスマートフォンであっても、5GB利用した後の速度制限を回避する事が出来ます。



WiMAXでスマートフォンをインターネット接続する



ですから、速度制限によるイライラを感じなくて済む事が出来る様になります。
そればかりか、SoftBankのデータ定額サービスをデータ定額ミニ1GBへ変更する事が出来ます。
ですので、結果的に大容量プランであるギガモンスターを利用するよりも割安になります。



従って、SoftBankのギガモンスターを利用するか、それともUQ WiMAXを利用するか迷っている方は、UQ WiMAXを利用する方がお勧めです。

UQ WiMAXの2種類の料金プランとは?

ご紹介しているUQ WiMAXには、2種類の料金プランがあります。



UQ Flatツープラスプラン
月額料金が3,696円と安価な代わりに、1ヵ月の総通信量は7GBまでと決まっている料金プラン。
UQ Flatツープラス ギガ放題プラン
月額料金は4,380円と少し高額になるものの、1ヵ月のデータ量上限がない料金プラン。


UQ WiMAXの月額料金
ご利用期間 UQ Flatツープラス UQ Flatツープラス ギガ放題
契約初月 3,696円(日割計算)
2〜3ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目〜 4,380円


ちなみに、どちらの料金プランにも混雑回避のための速度制限は適用されます。
混雑回避のための速度制限とは、前日までの直近3日間の合計通信量が3GBを超えた場合に、翌日の昼から翌々日の昼までの通信速度をYoutube動画が視聴出来る程度に制限する速度制限の事を指します。



混雑回避のための速度制限



要するに、混雑回避のための速度制限は、実用レベルの通信速度は維持された状態で適用される速度制限になります。
ただし、実用レベルを超えるようなハードな使用方法だと、速度制限が適用されている事を自覚するような状況になってしまいます。



↓UQ WiMAXの詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

UQ WiMAXとY!mobileはどっちの方がお勧め?

これまでUQ WiMAXについてご紹介して来ました。
ですが、実は、わざわざau系列のUQ WiMAXを利用しなくても、SoftBank系列のモバイルインターネットサービスにY!mobileがあります。



Y!mobileとUQ WiMAX



Y!mobileと言うと、一般的なイメージとしてはUQ WiMAXよりも月額料金は安いものの、速度制限の規制が厳しいから、ライトユーザー向きのモバイルインターネットサービスだと思われています。
ですが、実際にはY!mobileにもUQ WiMAXと同額の月額料金で、同等の速度制限の規制具合の料金プランもあります。



その組み合わせとしては、さんねん契約アドバンスオプションを付けます。
さんねん契約の月額料金が3,696円で、アドバンスオプションの利用額が684円です。
つまり、月額料金がUQ WiMAXのUQ Flatツープラス ギガ放題プランと同額になります。



Y!mobileとUQ WiMAX



そして、アドバンスオプションを利用すると、月間データ量上限がなくなります
ただし、3日間で3GB分通信を行うと、UQ WiMAXで言う混雑回避のための速度制限が適用されてしまいます。
と言う事で、速度制限の規制具合も全く同じになります。



ただ、Y!mobileとUQ WiMAXとでは異なる点もあって、まず、契約期間の縛りが異なります。
UQ WiMAXの契約期間の更新は2年ごと更新ですが、Y!mobileだと3年ごとの更新になります。



契約期間の長さが異なる



また、UQ WiMAXの場合はUQ Flatツープラス ギガ放題プランに申し込む事によって、自動的に月間データ量の上限がなくなります



一方、Y!mobileの場合は、7GBを超えそうになったタイミングでアドバンスモードへの切り換えが必要となってしまいます。
もしも切り換えを行わなかった場合には、通信速度が低速化され、通常速度に戻す為には追加料金が必要となってしまいます。





そう言ったところで、Y!mobileよりもUQ WiMAXの方がお勧めだったりします。
ですから、特にSoftBank系列へのこだわりがある方でないのなら、実用面からUQ WiMAXを選ぶようにしましょう。

スマートフォン自体もSoftBankから乗り換えました

私の場合の事例ですが、UQ WiMAXの導入に合わせて、SoftBank自体の契約を解除しました。
そして、そのままUQ mobileへスマートフォンを乗り換えました。
UQ mobileはau系列の格安スマホのサービスで、UQ WiMAXと同じUQコミュニケーションズが運営しているサービスになります。





なぜわざわざスマートフォン自体の契約も見直したのかと言うと、今UQ mobileでは、おしゃべりプラン新登場キャンペーンを行っているからです。
そして何と、スマートフォンの月額料金がわずか1,980円なってしまうんです。



SoftBankで言う基本プランの料金が1,980円と言う話ではなくて、通話料を含めた全ての料金込みで1,980円なんです。
インターネットは2GBまでしか利用出来ませんが、UQ WiMAXがあるので全く問題にならない訳です。



UQ WiMAXがあるから、データ通信量は関係なし



その結果、私の月々の通信費は1,980円+4,380円で、6,360円に抑える事が出来ています。
しかも、月間データ量の上限はありません



ですので、月額料金としてはSoftBankのデータ定額ミニ 2GBよりも安い状態で、データ上限なしの状況を手に入れる事が出来ています。
誰でもこんな素晴らしい状況が手に入るのに、わざわざSoftBankとUQ WiMAXを組み合わせるのは馬鹿らしいですよね?



↓UQ mobileの詳細情報はこちら↓
UQ mobile

UQ WiMAXのお得なキャンペーン特典を活用しよう!

以上、SoftBankのギガモンスターUQ WiMAXのどちらがお得なのかについてご紹介しました。
ついでにUQ mobileについてもご紹介しましたが、いかがでしたか?



自分はSoftBankが好きなんだ!…と言う方にはどうでも良い話でしたが、そう言うこだわりがない方であれば、もっと通信費を大幅に抑える事が出来ます。
ひいては、家計への月々の負担を大きく抑える事が出来、その分のお金を別の事に有効活用する事が出来るようになります。



家計の節約に!



また、現在UQ WiMAXでは、商品券のプレゼントキャンペーンを行っています。
しかもラッキーな事に、今なら期間限定で、貰える商品券が3,000円分から10,000円分に増額されています。
このタイミングでこの記事をご覧になったあなたは、非常に運が良いです。



ただし、このキャンペーンには有効期限があります。
期限が切れると、再び商品券は3,000円分に戻ってしまいます。
ですので、UQ WiMAXを検討中の方は、お早めの申し込み手続きをお勧めします。



↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX